人事部門のDXを実現する『ベネワン・プラットフォーム』
「日本の人事部HRアワード2020」最優秀賞 受賞

株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)が提供する、従業員の人事データや健康情報を一括管理できるデータ活用プラットフォーム『ベネワン・プラットフォーム』が、全国17万人の人事キーパーソンが選ぶ、日本の人事部「HRアワード2020」(主催:「HRアワード」運営委員会、後援:厚生労働省)にて、プロフェッショナル人事労務管理部門最優秀賞を受賞しました。

● プレスリリースについてはこちら
● HRアワードについてはこちら

 「HRアワード」は、人事やHRソリューションの領域において、独創性や先見性、社会性などの点で 優れた取り組みを広く伝えることで、人事を通じた全国の企業の成長を目指す表彰制度です。
今年度実施された「HRアワード2020」は全313件のエントリーがあり、『ベネワン・プラットフォーム』が、「プロフェッショナル人事労務管理部門」において最優秀賞を受賞いたしました。
『ベネワン・プラットフォーム』は、従業員のスキル・評価や、残業時間、異動情報等の人事データに加え、健診結果・生活習慣などの健康情報を一括で管理することができます。集積された従業員、組織 ごとのデータ抽出・比較をはじめ、健康診断やストレスチェックの受診をリマインドしたり、異動の  シミュレーション、労働基準監督署提出書類の出力等も行うことができます。
ベネフィット・ワンは、『ベネワン・プラットフォーム』を通じて、人事部門業務のDXを加速度的に推進するとともに、従業員自身が心身の状態を把握し、ワークライフバランスを自ら充実させていくためのセルフマネジメントをサポートすることで、組織の活性化に寄与していくほか、従業員が能力を最大限に発揮できる環境を提供してまいります。

● 「ベネワン・プラットフォーム」についてはこちら

ページトップへ