会員数No.1の
福利厚生サービスで、
従業員満足度・生産性向上のお手伝いをします!

まずは資料をご確認ください
福利厚生のオールインワンパッケージ『ベネフィット・ステーション 学トクプラン』のサービス概要がわかる資料を無料で提供いたします。
アップロードしています。少々お待ちください。
ベネフィット・ステーション 学トクプラン
About

新型コロナウィルスへの対応が求めれる今、
ベネフィット・ステーション「学トクプラン」で従業員の健康を守り、生産性を高めませんか?

リモートワークの推進に伴う社員の健康状態が心配
集合型研修や新入社員研修が出来なくなってしまった
子育て・介護世帯へのサポートへ手が回らない
こんな時だからこそ、従業員を手厚くサポートしたい
こんなお悩みをベネフィット・ステーション「学トクプラン」で解決します

労働市場を取り巻く環境変化

ベネフィット・ステーション「学トクプラン」とは?
生活のあらゆるシーンでご利用いただける、会員制割引サービスです。
サービス数は140万件以上、地域・世代間格差なく何度でもご利用いただけます。
ワークライフバランスの充実、健康経営の推進、教育・研修の支援をトータルでサポートします。
イラストアイコン

福利厚生の充実の重要度

就職したい企業の条件
福利厚生が充実している 44.2%、従業員の健康や働き方に配慮している 43.8%、企業理念・誌名に共感できる 38.1%、魅力的な経営者・人材がいる 26.0%、雇用が安定している 24.2%
n=1,399
出典:平成29年3月31日 経済産業省 商業情報政策局 第13回健康投資WG事務
局説明資料①「健康経営の労働市場におけるインパクト調査①」

健康リスクと労働生産性の影響

1人あたりの労働生産性損失コスト
図:1人あたりの労働生産性損失コスト
出典:2018年6月 東京大学政策ビジョン研究センター データヘルス研究ユニット
健康経営の効果測定 第1回調査結果のご報告
横浜市「労働生産性損失は年間76.6万円」(従業員一人あたり)
健康リスクと労働生産性損失の関係が明らかに!」(平成30年6月)

教育研修への投資コスト増加

教育研修費用の実態調査
図:教育研修費用の実態調査
出典:産労総合研究所 2018年度教育研修費用の実態調査
「教育研修費用総額と従業員1人あたりの額(実績と予算)」
これらの環境変化に対応することで、効率的で健康的な働き方を実現し、さらなる付加価値を生み出すことができます。
つまり、労働生産性の向上が期待できます。

労働生産性向上

イメージ:赤ちゃんを囲む家族の写真
利用実績No.1の総合福利厚生サービスで
ワークライフバランスの実現
イメージ:スポーツジムでフィットネスをする人々
社員の健康リテラシー向上で
健康増進
イメージ:学習風景
いつでもどこでも学び放題で
自己啓発の支援
そんな3つの人事課題を
オールインワンでサポートするのが、
ベネフィット・ステーション
学トクプランです。

学トクプランのサービス内容

イラストアイコン

ワークライフバランスの充実 べネフィット・ステーション

人生のあらゆるシーンでご利用いただける、会員制割引サービスです。 サービス数は140万種類以上。
自粛生活中のあらゆる「困った」「不便」に役立つサービスも多数ご用意。
■24時間心と体の相談デスク
看護師による新型コロナウイルス対策に関する相談を承ります。
■仕事と育児の両立支援
■お家時間を充実させるサービス

ベネフィット・ステーション カテゴリー
ベネポ 従業員の一人ひとりの利用を促進 5000ポイントを毎年付与 楽天スーパーポイントなど、普段貯めているポイントと連携可※ログイン時
「貯めて」「使って」「交換できる」お得な 会員限定ポイントです。100ベネポ=100円から約27,000以上のメニューに利用でき、サービスへの充当や他ポイントとの交換が可能です。

健康増進 健康ポータル・健康ポイント

社員の日頃の健康増進を支援いたします
健康ポータル
健康無関心層への動機づけから一人ひとりの生活・健康習慣の改善のお手伝いをいたします。健康情報の発信から専門家による健康状態に合わせた最適なコンテンツ提供で健康リテラシーの増加を促進。また、健康診断結果データを取り込むことで自身の健診結果を可視化、そこから予測される健康リスクの判定も実施するため、生活習慣の改善をサポートします。
健康ポイントプログラム
健康経営銘柄・ホワイト500の取得基準に沿った健康にまつわるアクティビティを実施してポイントを獲得し、楽しく持続的な健康維持を図ります。
もちろん、ポイント付与による追加費用は一切かかりません。
画像:サイトイメージ

オンライン研修・自己啓発支援 ベネアカデミー

社内研修にも、社員の自己啓発にもスキルアップし放題
イメージ:学習風景
306講座455タイトルのeラーニングサービス
  • 受講状況の一元管理が可能
  • PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも受講可能
  • 業界、職種、役職問わない多様なラインアップ
社員1人あたりの年間教育研修費用
図:社員1人あたりの年間教育研修費用は通常の10分の1。2018粘土予算額は47,138円。
さらに、新機能データ活用プラットフォームが追加!無料でご利用頂けます

ベネワン‧プラットフォームとは
ABOUT

人事領域のDX化で「組織」活性化と「個人」の最大能力発揮を叶えるデータ活用プラットフォームです。
点在する人事・健康情報を一元管理することで従業員1人ひとりのデータをまとめて可視化できること。ストレスチェックなどの「健康管理」、勤務実績や目標管理にまつわる「タレントマネジメント」、働きがいやモチベーションに関する「従業員サーベイ」、これらのデータを集約することで、ワークライフバランスの見直しはもちろん組織としての生産性向上を実現します。

Merit

「学トクプラン」の導入メリット

導入企業10,000社以上、業界No.1のベネフィット・ステーションは、
多くの方々に使っていただいているからこそ、多様化するニーズにしっかりと応えます。

メリットの内容

オールインワンで
労働生産性の向上を
トータルサポート
“使ってもらえる”
福利厚生サービス
教育研修費用の
コスト大幅減
きっかけと習慣化の
好循環を構築
アウトソーシングで
コア業務に専念
安心して長く
働ける環境づくり

こんな企業におすすめです

アウトソーシングして主業務に専念したい。人手不足を解消して人材定着を図りたい。労働生産性を向上させたい。従業員の働きやすい環境を作りたい。経営陣・従業員の教育や自己学習を支援したい。
Case study

導入事例

総合福利厚生サービスのベネフィット・ステーションは、
東証一部上場企業や公務団体など、業態規模を問わず多くの企業・団体に導入いただいています。

お客様の声

株式会社ベルシステム24 執行役員 HR本部 副本部長 太刀掛直紀様

目的は従業員満足度の先にある業績向上

全国で汎用的に使える福利厚生であること。教育・育成につながるコンテンツの拡充での人財確保、さらには採用時のPRにも大きく繋がる点を期待して導入しました。​
(対象:在籍3か月以上の契約社員含む約30,000名)​
From One's Heart株式会社 ホテル時業務事業部長 副総支配人 大矢雄一郎様

人を大切にしたい思いから福利厚生を導入し、正社員登用の促進と採用力の強化を実現

多様な働き方への対応と、求職者・既存社員に対する魅力向上を目的として導入。多様化している社員ニーズへの対応するためには驚くようなサービス数が必要であると考えているので、業界最大の会員組織、多くの提供サービス数に対する信頼感からベネフィット・ステーションを選びました。(対象:正社員約50名)

導入事例

1名の中小企業から上場企業まで幅広い導入実績
東証一部シェア率 48.4%
※1.福利厚生アウトソーシングサービスを採用している企業のうち、
弊社サービスの導入企業割合
中小企業の導入割合 86%
※2.弊社サービスの導入企業のうち、中小企業の占める割合
ANA
avex group
BELLSYSTEM24
CHUGAI Wellnet Club
CYBIRD
DOUTOR
Morozoff
伊藤ハム
小林製薬
KOBELCO
LUSH
OKI
ORACLE
Panasonic
サイゼリヤ
三省堂書店
SEKISUI HOUSE GROUP
Sho Pro
SUNTORY
Triumph
ZEBRA
Flow

サービス利用の流れ

お問い合わせをいただいてから、課題に応じた最適なプランをご提案、
最短2週間でサービスのスタートが可能です。
資料請求・お問い合わせ→最適なプラン選び→法人入会手続き
→スタートキットの納品→サービススタート
※ ご導入いただくプランや、スタートキットの配送方法により、サービススタートまでのスケジュールは異なる場合がございます。詳細は担当者までお問い合わせください。

よくある質問

何名から加入できますか?

会社(団体)様であれば1名様からご加入いただけます。

担当者として入会後にすることはありますか?

1)従業員情報のメンテナンス(入退会(入退者)・情報変更)、またそれに伴うキットの配布
2)精算業務(ベネフィット・ステーションの法人会費)が最低限の業務として発生いたします。

サービスの利用可能範囲はどこまでですか?

会員ご本人様と配偶者から、それぞれの二親等以内のご親族(ご両親、お子様など)が対象となります。

利用状況は確認できますか?

毎月、ご担当者様専用WEBページより利用状況を抽出することが可能です。

お問い合わせ

アップロードしています。少々お待ちください。